投資信託

各種サービスのご案内

投資信託の窓口販売について
とうしゅんでは、お客様の資産運用の多様化ニーズにお応えするため、投資信託の窓口販売を全店で取り扱っています。お客様のライフプランにマッチした投資信託をお選びになってください。

投資信託とは? … しくみはコチラ

  • ○お客様からお預りした資金を一つにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が、複数の株式や債券など多くの金融商品に投資し、その成果(収益、損失)をお客様の投資額に応じてお返しする商品です。
    • ・小さな資金から … 株式投資や債券投資にはある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円からお手軽に始められます。
    • 分散投資 … 投資信託は、株式や債券など複数の銘柄或いは種類に投資することにより、リスクを分散して運用する金融商品です。
    • ・ 専門家が運用 … 投資信託は、高度な経済・金融などの知識を身につけた専門家が、それぞれのファンドの設定方針に従って運用するものです。(運用成果を約束するものではありません)
  • ○投資信託についてもっと詳しくお知りになりたい方は、コチラ((社)投資信託協会ホームページ)をご覧ください。

投資信託に関するご注意事項

  • ○投資信託は、預金ではありません。
  • ○投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • ○当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ○投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • ○投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • ○投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • ○投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客様に帰属します。
  • ○投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • ○投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ○投資信託をご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧下さい。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫本支店等にご用意しています。
  • ○また、当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

「毎月分配型投資信託の収益分配金に関するご説明」 … コチラをご覧ください

当庫の「毎月分配型」投信は、6ファンドあります。

  • ○しんきん3資産ファンド(毎月決算型)
  • ○しんきんグローバル6資産ファンド(毎月決算型)
  • ○しんきんJリートオープン(毎月決算型)
  • ○DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)
  • ○ニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープン
  • ○ワールド・インフラ好配当株式ファンド(毎月決算型)

投資信託に関する手数料等の概要

  • ○投資信託のご購入時には、買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に、最大3.24%の申込手数料(消費税込み)、約定口数を乗じて得た額をご負担いただきます。換金時には、換金時の基準価額に最大0.30%の信託財産留保額が必要となります。また、これらの手数料等とは別に投資信託の純資産総額の最大年約1.8144%(消費税込み)を信託報酬として、信託財産を通じてご負担いただきます。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧下さい。

なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。

NISA(少額投資非課税制度)口座について

当庫では毎年120万円を上限とした非課税投資枠が利用可能な、NISA口座の取扱いをしています(ただし、ジュニアNISAにつきましては取扱いをしていません)。NISAについて詳しくはコチラをご覧ください。
「NISA 口座開設の際にご提出いただく非課税口座開設届出書等の提出期限」および「非課税口座に設けられたその年の勘定の種類を変更される場合の各種提出期限」について、詳しくはコチラをご覧ください。

「取引残高報告書」の作成基準変更のお知らせ … コチラをご覧ください

  • ○平成27年3月末作成分より取引残高報告書の作成基準が変更になりました。

投資信託のご購入お申込みについて

  • ・ご用意頂くもの
    ご購入代金、ご印鑑、ご本人確認書類等(個人の場合:運転免許証、各種健康保険証、個人番号カード等 ※顔写真のない書類の場合2種類の書類が必要です)
    新規購入で投信取引口座を開設する場合などで「個人番号」のお届けが過去にされていない場合は個人番号のお届けが必要です。
    ※個人番号のお届けには「個人番号カード」、「通知カード」「個人番号記載の住民票」のいずれかが必要です。
    (個人番号・法人番号のお届けについてはコチラをご覧願います。)
  • ・「特定口座」に投資信託を組入れることが可能です。(特定口座の特徴等についてはコチラをご覧願います。)

東春信用金庫の投資信託ラインアップ

・当庫では、現在17商品を取り扱っています。各商品には運用方法などいろいろな特色がありますので、お客様のニーズに合ったタイプの投資信託をお選びください。

商号等東春信用金庫
登録金融機関 東海財務局長(登金)第52号

【基準価額一覧】(情報提供元:アーティス株式会社)
投資対象資産 投資対象地域 ファンド名 運用会社名 主なリスクの番号
債券 国内 しんきん公共債ファンド
【愛称・ハローインカム】
しんきんアセットマネジメント投信
海外 ニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープン ニッセイアセットマネジメント
DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)
【愛称:ハッピークローバー】
アセットマネジメントOne
資産複合 内外 しんきん3資産ファンド(毎月決算型) しんきんアセットマネジメント投信 ②③⑤
しんきんグローバル6資産ファンド(毎月決算型) しんきんアセットマネジメント投信 ①②③
④⑤⑥
しんきん世界アロケーションファンド(積極型)
【愛称:しんきんラップ(積極型)】
しんきんアセットマネジメント投信 ①②③
④⑤⑥
株式 国内 しんきんインデックス225 しんきんアセットマネジメント投信
しんきん高配当利回り株ファンド しんきんアセットマネジメント投信
しんきん高配当利回り株ファンド(3か月決算型)
【愛称:四季絵巻】
しんきんアセットマネジメント投信
トヨタグループ株式ファンド 三井住友アセットマネジメント
海外 しんきんアジアETF株式ファンド
【愛称:情熱アジア大陸】
しんきんアセットマネジメント投信
三井住友・NYダウ・ジョーンズ・インデックスファンド(為替ヘッジ型)
【愛称:NYドリーム】
三井住友アセットマネジメント
三井住友・NYダウ・ジョーンズ・インデックスファンド(為替ノーヘッジ型)
【愛称:NYドリーム】
三井住友アセットマネジメント
ワールド・インフラ好配当株式ファンド(毎月決算型)
【愛称:世界のかけ橋】
アセットマネジメントOne
ワールド・インフラ好配当株式ファンド(成長型)
【愛称:世界のかけ橋】
アセットマネジメントOne
不動産投信 国内 しんきんJリートオープン(毎月決算型) しんきんアセットマネジメント投信
内外 三井住友グローバル・リート・オープン(3か月決算型)
【愛称:世界ビル紀行】
三井住友アセットマネジメント ⑤⑥

現在新規募集中止中の商品

投資対象資産 投資対象地域 ファンド名 運用会社名 主なリスクの番号
債券 海外 ニッセイ/パトナム・インカムオープン ニッセイアセットマネジメント
株式 国内 ダイワ・バリュー株・オープン
【愛称:底力】
大和証券投資信託委託

投資信託に関するリスク

各ファンドには以下のリスクがありますので、元本が保証されているものではございません。また、投資信託の運用による損益はお客様に帰属します。その他のリスクおよび詳細については、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますので、必ずご覧下さい。
主に国内債券を投資対象とするファンド
金利変動等による組入債券の価格変動、組入債券の発行者の信用状況の変化等により基準価格が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に海外債券を投資対象とするファンド
金利変動等による組入債券の価格変動、組入債券の発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に国内株式を投資対象とするファンド
組入株式の価格変動、組入株式の発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に海外株式を投資対象とするファンド
組入株式の価格変動、組入株式の発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に国内不動産投信を投資対象とするファンド
組入不動産投資信託証券の価格変動、組入不動産投資信託証券の発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に海外不動産投信を投資対象とするファンド
組入不動産投資信託証券の価格変動、組入不動産投資信託証券の発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。

投資信託にかかる費用・手数料等について

ご購入時 購入時手数料
(直接的)
ご購入時に直接ご負担いただく費用で、各ファンドの買付時の1口あたりの基準価額(買付金額)に、基準価額一覧の詳細ページまたは交付目論見書等に記載の手数料率、約定口数を乗じて得た額です
保有中 運用管理費用
(信託報酬)
(間接的)
保有時に間接的にご負担いただく費用で、原則として、信託財産の純資産総額に対して、基準価額一覧の詳細ページまたは交付目論見書等に記載の料率を乗じた額です。日々計算され、信託財産の中からご負担いただきます。
その他
(間接的)
売買委託手数料(運用する株式等の売買に際し証券会社に支払う手数料)、監査費用(投資信託の運用・管理が適正に行われているか監査を受けるための費用)などがかかります。ファンド毎に異なりますので、詳しくは目論見書でご確認ください。
ご換金時 信託財産留保額
(直接的)
ご換金時にご負担いただく費用で、換金時の基準価額に対して、基準価額一覧の詳細ページまたは交付目論見書等に記載の料率を乗じた額です。ご換金の際には、ご換金時の基準価額から信託財産留保額を控除した価額(換金価額)にて換金代金が算出されます。

※その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧下さい。なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。

投資信託に関するご注意事項

  • ●投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • ●投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • ●当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • ●投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • ●投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • ●投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客様に帰属します。
  • ●投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • ●投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • ●投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等を必ずご覧下さい。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等は当金庫の投資信託取扱店窓口等にご用意しています。
  • ●また、当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

商号等東春信用金庫
登録金融機関 東海財務局長(登金)第52号