井戸 麻衣
井戸 麻衣(いど まい)
最終学歴:金城学院大学 現代文化学部
勤続年数:2年
役職名:りんどうレディ(女性渉外)

先輩社員の声

現在の仕事内容を教えてください
「貯蓄から投資へ」最近こんな言葉を耳にしたことありませんか?自分には関係ない、そう思ったかもしれません。しかしこれは、お客様の預金に対するお話です。投資をする時代、むしろしなければならない時代がやってきています。では、実際どうしたらいいのでしょうか…。それをアドバイス、サポートするのが私の仕事です。資産運用を中心に、それぞれのお客様に合った資産形成を一緒に考え、サポートしています。
辛いとき、やりがいを感じるときを、エピソードと合わせて教えてください
実際にお客様が残した言葉です。「運用なんて意味がない」「投資は損をするもの」と。このように、マイナスのイメージを持ったままお客様が帰られることが一番辛いです。私は"どうして今、運用が必要なのか""資産運用とどう向き合っていくと良いか"を重点的にお話をしています。マイナスのイメージのままお帰りになるということは、話を上手に伝えられなかったということです。今でも、どう伝えるとマイナスのイメージを少しでも払拭することができるのだろうと、日々模索しながら取り組んでいます。
ある時、こんなこともありました。支店の方から、私が支店にいると、窓口で声をかけやすく、とても心強いと言われました。自分の存在一つで支店内の意識も前向きになるのだと実感した瞬間でした。さらに、お客様からは私の担当地域が変わったとしても、私から話を聞きたいと言っていただきました。自分自身の存在を認めてもらい、頼りにしてもらえた時、非常にやりがいを感じます。
東春信用金庫は、あなたにとってどんな企業ですか?
私にとって東春信用金庫は、幼き頃から身近に感じる、そんな企業です。祖母の家に渉外担当者が来てくれており、身近であったことから始まり、実際に働いてみてより身近さを実感しました。その理由は、職員がお客様一人ひとりと向き合ってお話をする機会が多いと感じたからです。お客様からすると"気にかけてもらっている""相談にのってもらえる"そんな存在があると嬉しいですよね。それを実現しているのが東春信用金庫だと思います。自身でも感じている身近な企業をいつまでも目指して、お客様と向き合っていきます。
これから東春信用金庫を目指そうという方にメッセージをお願いします
皆様の東春信用金庫のイメージはどんなものですか?今、このページを見て「楽しそうだな」「難しそうだな」「自分にできるかな」様々な感想があると思います。イメージに変化はありましたか?イメージはあくまで自分の中の想像であって、事実とは異なるなんてことはよくあります。ぜひ東春信用金庫を実際に見に来てください。そして自分自身で体感してみてください。人から何か言われるよりも自分の感覚が一番信頼できるでしょう。仕事なのでもちろん、楽しいことばかりではありません。辛いこと、悲しいこともあります。しかしこれだけは胸を張って言えます。「私は今、毎日笑顔で働いています」

一日の仕事の流れ

8:30 出勤後、今日の予約を確認し、準備。
9:15 予約支店へ移動
10:00 お客様との相談や申込受付。
12:00 昼休憩。次の予約支店へ移動。
14:00 お客様との相談や申込受付。
16:30 帰店後、一日の活動をまとめ、報告。明日の活動準備。
17:40 退庫。